おっ、みややんやん!

備忘録的な感じで自由気ままにつらつらと日常を綴ってみようと思います。古着やオートバイ、カメラに旅行にちょっぴりガジェット。

映画【ゴッドファーザー2】はパート1に劣らずの良作映画だった!

皆さん、こんばんは。みややんです。

今回は前に書いた映画【ゴッドファーザー】について続編を見たのでレビューしたいと思います。

まだ【ゴッドファーザー】を見ていない人はこの記事は読まずに、是非前の記事か、【ゴッドファーザー】を見てから読んでいただきたいと思います。

この記事はあくまでも【ゴッドファーザー2】のレビューになりますので...

f:id:miyayanyan:20160505231057j:plain

 

miyayanyan.hatenablog.com

 

まずは簡単にあらすじを・・・ 

冒頭はヴィトー・コルレオーネが幼き頃のシーンから始まります。

ヴィトー・コルレオーネは幼き頃から、父、兄と地元のギャングに殺され、ついには母親も殺されてしまいます。

そこからヴィトーの復讐劇が始まります。

場面は変わって、パート1から引き続き、新たなコルレオーネファミリーのボス、マイケル・コルレオーネが生きる時代へ移ります。

華やかなパーティの中、その裏では早くも一触即発な雰囲気を醸し出すシーンが繰り広げられています。

そしてある日、マイケルは自宅の寝室で襲撃を受けます。

誰が裏切者か、誰が黒幕か、マイケルの物語が始まります。

しかし、必死にファミリーを守り続けようとマイケルは奮闘しますが、兄弟フレドの裏切りや妻のケイとの別れなど徐々に孤立化が進んでいきます。

また、間では、マイケルの父、ゴッドファーザーことヴィトー・コルレオーネの若かりし頃の物語も挟んであります。

彼は若いころに町の悪徳マフィア、ドン・ファヌッチを暗殺し、徐々に町での地位を獲得し、周りから慕われ、家族を得、栄光を手に入れていきます。

その一方で、マイケル・コルレオーネはなかなか自分の思うようにことが進みません。

パート1と同様に終盤に入るにつれて、血なまぐさい争いが繰り広げられます。

そしてマイケルも徐々に年を重ね、老年期に差し掛かるころでこの幕を閉じます。

 

そんな、ファミリー創設者と、その後継者の相反する物語がパート2では描かれています。

パート1と同様に形容しがたい緊張感は常にありました。

もう冒頭の議員が挑発しながらマイケルと話をするシーンでもドキドキです(笑)

あと、ひとつかなり印象に残っていたのが、中盤でフレドの店で女性が死んでいるのですが、よく見ると

スー、スー、

おい、息しとるやないかい。めっちゃ腹が上下しとるやないかい。

笑いましたね。血だらけになっているのにまるで眠っているかのようにおなかが動いています。

正直これは本気なのか?それとも話の上で生きている設定なのか?と疑いましたね(笑)

 

それはさておき、パート2も3時間強とかなりの長編です。

1時間50分経過あたりで【Intermission】と表記されていました(笑)

Intermissionはつまり映画などでの休憩時間みたいなものです。

さすがに劇場でこんな映画見てたら膀胱が破裂してしまいそうです(笑)

しかし、やはりこの映画のストーリーに引き込まれるせいか、パート2もあっさりと見終わってしまいました。

ヴィトーの過去の話と、マイケルの今の話を織り交ぜることで2人の対照的な物語となっており非常に面白かったです。

マイケルの表情は常に真顔なのに目線や、表情筋の動きでどんな感情か読み取れるのはやはりマイケル役を演じるアル・パチーノの演技力のすばらしさといえます。

パート1に比べると銃撃戦のような激しい戦いはみれられませんが、緊張感あふれるシーンが何度も現れます。

次はパート3で最後ですね。

また時間があるときに見てみようと思います。

それにしても私の好きなカクテル【ゴッドファーザー】がなかなか出てこないなぁ・・・。

 

ちなみにですがパート2ももちろんAmazonのプライムビデオにて見放題対象となっています。

私も見放題で見ましたが、DVDが欲しくなってきました(笑)

人間の所有欲ってのはほんとに厄介なものですね。

 

 

 

ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

 
ゴッドファーザー PARTII <デジタル・リストア版> [Blu-ray]

ゴッドファーザー PARTII <デジタル・リストア版> [Blu-ray]

 

 読んでくださりありがとうございました!!