読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっ、みややんやん!

備忘録的な感じで自由気ままにつらつらと日常を綴ってみようと思います。古着やオートバイ、カメラに旅行にちょっぴりガジェット。

google dictionary がまさに今、欲しかった拡張機能!!・・・と、思いきや?

皆さん、こんばんは。みややんです。

今回はgoogle chrome拡張機能について記事を書いていこうと思います。

 

 いつものようにfeedlyで記事を読み漁っていると、GIGAZINEさんが関心深い記事を挙げていました。

play.google.com

 

gigazine.net

 

ダブルクリックするだけで英単語の和訳をポップアップ表示してくれるだと・・・っ!?

 

私は今授業で英文の論文を和訳する作業に追われており、ページを一括で和訳できるgoogle翻訳拡張機能として入れているのですが、如何せんこのような翻訳機能はたいてい日本語がおかしくなる!!

だから、1単語をパッと翻訳してくれたらあとは前後の文脈から意味を選択し、なんとな~くの和訳はできるので、google dictionaryは今まさに欲しかった拡張機能です!

 

 

f:id:miyayanyan:20160504005934p:plain

早速導入に移ります。

chromeの右上にある3本線をクリックして、「その他のツール」にカーソルを合わせ、拡張機能を選択。

 

f:id:miyayanyan:20160504010035p:plain

 

このように私はGoogle翻訳を入れていますね。

 

下にある「他の拡張機能を見る」をクリックします。

 

まぁ、こんな常識の手順も載せてはいますが、結局【Google Dictionary】で検索した方が断然早い(笑)

 

f:id:miyayanyan:20160504010233p:plain

chromeウェブストアに移行したら、【Google Dictionary】と検索。

f:id:miyayanyan:20160504010329p:plain

出ましたね。

chromeに追加」をクリックします。

これで導入完了です。

 

chrome.google.com

リンク載せておきます。

一瞬で飛んじゃってください(笑)

 

 

f:id:miyayanyan:20160504010531p:plain

右上にアイコンが表れますので、右クリックで「オプション」を開き、このような画面に移行します。

 

「My Language」を「Japanese」に変更しましょう。

 

これでほぼすべては終わりです。

早速和訳したいページに行きましょう。

 

f:id:miyayanyan:20160504010749p:plain

う~~~~ん。

見ただけで脳が1本の紐に解かれそう。

 

そして、ダブルクリックすると・・・

 

ん???

Google翻訳のアイコンが出てくるぞ??

 

はい。

そうなんです。

最初から入っていたGoogle 翻訳にもダブルクリックで和訳する機能がついていたんです。

 

これは思わぬ失態。

てっきりページごとの翻訳だけだと思っていた.

 

両者がちょっと干渉しちゃっているので、どちらがいいか見定めたいと思います。

 

f:id:miyayanyan:20160504011731p:plain

まずはこちら。

Google翻訳で、ダブルクリックした場合。

このようにポップアップが出てきます。

(標準ではダブルクリックした際に、小さなGoogle翻訳のアイコンが出て、それをクリックするとポップアップが出るようになっています。これは「オプション」で変更できます。)

メガホンマークをクリックすると、英語は英語の音声、日本語は日本語の音声が流れます。

発音も一緒に分かる点がいいですね。

ちなみに日本語の発音は女性なんですけど、ちょくちょく面白い言い方なんでいろいろ試してみると楽しいですよ(笑)

 

f:id:miyayanyan:20160504012229p:plain

続いてはGoogle Dictionary】でダブルクリックした場合。

和訳だけが表示され、かなりスッキリした印象がありますね。

こちらはポップアップに発音が流れるメガホンマークがありません。

 

ちなみにですが、ポップアップの右下にある、Google翻訳なら【詳細】、Google Dictionaryなら【More】をクリックすると以下のページに飛びます。

f:id:miyayanyan:20160504012748p:plain

どちらも同じページでした。

より詳しく和訳しているページですね。

とても便利です。

 

ちなみにクリック&ドラッグで文を選択してから、右上にあるGoogle翻訳Google Dictionaryのアイコンをクリックすると英文和訳が表示されます。

Google翻訳は英語のページで右上のアイコンをクリックすると、【ページを翻訳する】と表示され、クリックするとページごと日本語に翻訳されます。

結構日本語としておかしいものが多いのですが、なんとな~~くは翻訳されています。

やはり文法系は自動翻訳の機能には限界があるかと思いますので、そのあたりは悪しからず・・・。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はchrome拡張機能を紹介しました。

まさか最初からほしかった機能があったとは思ってませんでしたが、今回GIGAZINEさんの記事を見たことで気づけたので良かったと思います。

 

さて、Goole翻訳とGoogle Dictionaryどっちを使うねんって話ですが、これまで通りGoogle翻訳使おうかと思います(笑)

やはりポップアップにすでに発音が聴けるっていうのはありがたい。

あと、ページ翻訳も欲しいですしね。

(なんか記事のタイトルにそぐわない結果となったな、おい!!)

どちらも入れたままにするのは干渉するのでお勧めしません。

 

結局どちらもGoogleのものなので和訳の精度など機能的なところはどちらも一緒かと思います。

あとは皆さんの直感ですね(笑)

 

chrome.google.com

chrome.google.com

 

読んでくださりありがとうございました!!