読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっ、みややんやん!

備忘録的な感じで自由気ままにつらつらと日常を綴ってみようと思います。古着やオートバイ、カメラに旅行にちょっぴりガジェット。

SENAのSMH5を買ったのでファーストインプレッションを話してみる

皆さん、こんばんは。みややんです。

今日は予てより欲しかったインカムをついに購入したので、そのファーストインプレッション、レビューをしたいと思います。

 友人が既にSENAのSMH5を持っていたので、私もなるべく同社のものだとペアリングしやすいだろうと思い込み、インカム選び自体はさほど悩みませんでした。

そもそもSENAのSMH5自体が十分な機能を備えているにも関わらず、インカムとしてはかなり値段が抑えられている商品なため、学生の身分としてはほぼ即決ですね(笑)

 

 上記のリンクよりアマゾンでも購入は可能ですが現時点で残2でしたので、お早めに・・・(゜∀。)(4/26現在)

私は友人から「南海部品がインカムに関しては品揃えがいいよ」と聞いていたので南海部品で購入しました。

その前に2りんかんにも行っていたのですが、店員さん曰く

「SENAさんの商品を卸してくれる業者さんが急にSENAさんの商品をやめちゃいまして~・・・すみません~~。」

なんたる。

 

f:id:miyayanyan:20160426221111j:plain

それはさておきこちらがSENA SMH5デュアルユニバーサルキットです!

33260円しました!!(型落ちのくせに値下げせんなぁ・・・)

こちらの商品は新パッケージになっており、従来ではジェットヘルメットに対応したマイクしか付いていなかったんですが、新パッケージではフルフェイスヘルメット用のマイクも同梱されておりお得感が増しています(笑)

 

 

なぜデュアルキットを買ったかというと、知人と2人で割り勘して買おうと話をしていたからです。

これで回りにSENAユーザーが増えてツーリングが捗りますね!!(なお、SENA信者ではないことをここに明記しておく。)

f:id:miyayanyan:20160426221545j:plain

高級感のあるケースを開けてみるとこんな感じ。

既に1セットないのは、私が南海部品で購入したあとすぐに店員さんにつけてもらったからです。

バイク用品店で購入すると大抵のショップでは無料ですぐに付けてもらえるみたいですよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

まぁ、でも説明書もありますしヘルメットの内装が外せれば誰でも簡単に取り付けれそうです。

アライ、ショーエイ、OGKなど大手のメーカーのヘルメットは大抵内装が簡単に取り外しできるようになっていますね。

f:id:miyayanyan:20160426224235j:plain

 

このように黒いトレーの下にはフルフェイス用のマイクやスポンジ、充電ケーブルなどが入っています。

コンセントのアダプタは付属していませんが、他のスマホについている奴なんかで代用できます。

ひとつひとつがジップロックに入っていて梱包に感心を抱きます。

 

f:id:miyayanyan:20160426225541j:plain

f:id:miyayanyan:20160426225546j:plain

ちなみに先に装着してもらったあとの写真を貼っておきます。

ご覧のように存在感はありつつも邪魔にはならないコンパクトなサイズ感になっています。

本体の位置は店員さんのさじ加減によりますが、自分で微調整してサッと手が届きやすい場所に装着することをおすすめします。

私はこの位置でノンストレスで操作ができますので満足です。

f:id:miyayanyan:20160426225858j:plain

説明書はこのような冊子が英語をはじめとして、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語と5冊入っています。

 

ちなみに取り付けの説明書きはこんな写真が5枚あるだけ・・・

正直わかりづらい!!!!!

でもご安心を。

SENAの商品を購入すると、HPにてSENAジョグダイヤル倶楽部というのに会員登録することができます。

senabluetooth.jp

会員になると、購入した商品の説明書がPDF形式で見ることができます。

f:id:miyayanyan:20160426230321p:plain

詳しく説明も書いていますね。

 

もちろん日本語の説明書も入っていました。

f:id:miyayanyan:20160426230358j:plain

 

主な操作方法に関してはこの冊子で十分に把握できます。

ちなみにSMH5-FMという機種では、インカム自体にラジオ機能が付いています。

 

 

さて開封の儀はこんなところで、いよいよ装着感です。

店員さんにつけてもらって

「一度かぶっていただいてもよろしいですか?」と言われ、かぶってみる。

 

全く違和感がない。

まぁ当たり前ですよね。

違和感がありまくるインカムなんて運転に支障をきたします(笑)

でもその当たり前に感動してしまうんです、最初は。

 

耳のところに貼ってあるスピーカーが変な位置についてさえしなければ装着自体はほぼオッケー。

口元にマイクもつけてあり、準備は万全。

 

早速、スマホBlueToothでペアリングします。

f:id:miyayanyan:20160426231846j:plain

問題なくペアリングし、適当な音楽を流してみる。Google Play Musicで。

 

miyayanyan.hatenablog.com

 

Oh...

ヘルメットの中に音楽が溢れ出す・・・。

まさにヘルメットの中だけに自分だけの小さな空間が出来たかのような錯覚に陥ります。

音質に関してはやはり普通のイヤホン等と比べると劣ります。

しかし、必要にして十分に聴くことができます。

 

そして、店員さんは

「電話かけてみますね~」といい、私のスマホに電話をかけた。

ヘルメットの中に着信音が流れる。

「では本体のボタンをタップしてみてください。」と指示に従う。

 

Oh...

ヘルメットの中に店員さんの声が広がります。(意味深)

 

こんなに簡単に応答できるとは思っていませんでした。

これならバイクを運転している際にも問題なく操作ができますね。

 

もちろん先ほどの音楽に関しても、ボタンを1秒押しで再生・停止ができるなど、一通りの操作はインカム本体でできるようになっています。

 

バイクに乗りながら使用してみましたが、めちゃくちゃ操作しやすいです。

あと、音量も簡単に調節できるためエンジン音をかき消せたり、聞こえる程度にできたりと問題なく使えます。

多少音が切れたりはありますが、果たしてこれがインカムが問題なのか、スマホが問題なのか・・・。

まぁBlueToothなので過度には期待していませんので全然許容範囲内ですね。

 

 

最後に、SMH5の仕様は以下のとおりです。

一般仕様 通話時間:8時間  *1
待受時間:168時間  *2
通話距離(インターコム:最長400m(見通しの良いところ)*3
動作気温:-10℃~55℃
サイズ
・ヘッドセット:69.9 x 45.0 x 30.6(mm)
・クランプユニット:49.2 x 38.9 x 22.1(mm)
・スピーカー:43(外径) x 5(厚み)  (mm)
重量
・ヘッドセット:40g
・クランプユニット:37g
Bluetooth Bluetooth Profiles
・Headset Profile
・Hand-Free Profile(HFP
・Advanced Audio Distribution Profile(A2DP
・Audio Video Remote Control Profile(AVRCP
Bluetooth v3.0
オーディオ オーディオSBC コーデック対応
ノイズキャンセリング機能
風切り音削減機能
サンプルレート:48kHz(DAC
音ボリュームの幅広いセレクション
バッテリー バッテリー充電時間:約2.5時間
タイプ:リチウムポリマーバッテリー
認証 TELEC

                                SENA HPより

 

通話時間が8時間てことがやや不足に感じますが、その他の機能は普通の使用では十分だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私は初インカムでかなり感動しています。

はやくインカムユーザーたちとペアリングして通話しながらツーリングに行きたいものです(笑)

後日友人とインカム同士でペアリングしてバイクに乗ってみたいと思います。

 

インカムは値段も高いですし、絶対必要なものではありませんが、あると非常に便利であることは間違いありません。

お財布と相談して気になっている方は購入を検討していただきたいですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ツーリングライフが充実すること間違いなしです!!

 

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!!