読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっ、みややんやん!

備忘録的な感じで自由気ままにつらつらと日常を綴ってみようと思います。古着やオートバイ、カメラに旅行にちょっぴりガジェット。

「仕事は楽しいかね?」

皆さん、こんばんは。みややんです。

先日はkindleを購入してから初めてのオーナーライブラリーで

デイル・ドーテン著の「仕事は楽しいかね?」を無料で借りて読んでいました。

それをゆっくりマイペースで読み、ついに読了したのでレビューしてみたいと思います。

miyayanyan.hatenablog.com

 

 

f:id:miyayanyan:20160419235907j:plain

まず、主人公である「私」は出張の帰りにシカゴを出ようとしたところ、5月だというに大雪に見舞われオヘア空港で26時間の足止めを食らうことになります。

そこに格子柄のパンツにポロシャツを着た一人の老人が現れます。

彼の名は「マックス・エルモア」。

「そこそこの給料をもらっている」”だけ”だと感じ、将来に希望や夢も特になくただオートメーションに仕事をする「私」に対してエルモアはこう問いかけます。

仕事は楽しいかね?

そこで「私」は愚痴をこぼし、そこからエルモアの話が始まります。

彼は自身の経験をもとに、「私」に対してアイデアを生み出すことに関しての様々なアドバイスを語ります。

 

 

とにかく私(この私はみややんです笑)は大学4年生であり、しかも一般的な企業を受ける学部ではなく、医療系なのでビジネスや自己啓発といった類の本には無縁なのですが、断言します。

面白い

この本はビジネスに必要なエッセンスを含みつつも、小説のような構成で、空港に缶詰にされた2人が織り成すストーリーが非常に面白いです。

やはり医療系の大学生なので、作中の

「CPRはとある医師が暴れる患者に注射を誤って刺し大量に薬剤を投与してしまい、昏睡する患者の胸を思いっきり叩いたことで、心拍が戻ったことによる」

あたりはユーモアもあり、非常に面白かったです。

この作品から得られるアイデア、思考は万人に通用するものであると考えます。

「明日は今日と違う自分になる」

「試すことは簡単だが、変えることは難しい」

「試してみることに失敗はない」

「遊び感覚でやってみて成り行きを見守る」

などといった考え方は常日頃から頭において生活していると、非常に良い発見が見つかるのかもしれない、そんな勇気を与えてくれる作品でした。

 

来年から私は社会人になるのですが、日々の業務の中でも新しい発見を求めて、常にアンテナを張っておくべきだと感じました。

皆さんはどうですか??仕事は楽しいですか??

今一度振り返ってみて、明日からは明日が今日の自分とは違う自分になってみるといいかもしれませんね(笑)

 

 

続編もあるようなので、機会があれば読んでみたいと思いました。

ですが、私、映画やなんにせよ続編で「2」や「3」と簡単な題名になる作品って大抵「1」は面白いけど、続編は面白くないんだよなぁって考えがありまして、結構怪しんでます(笑)

でも「仕事は楽しいかね?」は本当に面白かったです。

これからビジネス書や自己啓発書の類の書籍を読もうとしている方々には是非入門書としてもおすすめしたい作品です。

以下のリンクからすぐに購入できます。

よければどうぞ(o^^o)♪

 

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

 

 

読んでくださりありがとうございました!!